Oリングの耐薬品性 流体[か行]

Oリング(オーリング)の流体(油や薬品、気体など)に対する耐性を、材質(主にゴム材質)別に掲載いたします。尚、各耐性の評価は、原料ゴムなどの性能を機軸とした理論値に拠ります。実際のご使用では様々な要素が複合的に影響し、一般的な仕様が当て嵌まらない場合があるので、ご使用に当たっては適合性の確認を実施して下さい。また、温度や圧力、頭文字が[か]以外の流体に対する耐性ついては、ゴム材質と耐性の一覧から確認して下さい。

ゴム材質と耐性の一覧
Oリング以外の成形品

①:NBR-70-1 (1A), NBR-90 (1B) ⑩:FP-FF, FP-FFW, FP-FFS, FP-FFN, FP-FFH90, FP-FFP, FU-FFEX
②:NBR-70-2 (2A) ⑪:FP-FFH, FP-FFHW
③:FKM-70 (4D), FKM-90 ⑫:FP-3F, FP-3FW, FP-3FH, FP-3F90, FF-DL, FP-DD
④:VMQ-70 (4C), VMQ-50 (SI50) ⑬:FP-DEB, FP-DEW, FP-DEP
⑤:EPDM-70, EPDM-90 ⑭:FP-AF, FP-AF90
⑥:CR-70 ⑮:FP-AP, FP-AP90, FP-APC, FP-APP
⑦:HNBR-70, HNBR-90 ⑯:FP-FQ
⑧:U-70, U-90 ⑰:FU-D, FU-K, FU-S
⑨:PTFE ⑱:FU-V
FP=フロロパワー®、FU=フロロアップ®
薬品名\材質名 (略称)
海水×
過塩素酸××-
過酸化水素水×-
苛性ソーダ××××××
ガソリン××××
カップグリス×
果糖
カプロラクタム×××××××-××
カプロンアルデヒド×××××-
過ホウ酸ナトリウム
過マンガン酸カリウム×××××
からし油-
過硫酸アンモニウム
カルビトール-
カルボキシメチルセルロース××-
γ-ブチロラクトン×××××××××-
ギア油×
希塩酸 (10%)×
蟻酸××-
蟻酸エチル××××××-
蟻酸メチル×××××××××-××
希硝酸 (10%)××××××
キシリジン××××××××××××
キシレン×××××××××
牛乳-
桐油-
希硫酸 (10%)
空気
クエン酸-
クミン酸×××-
クメン×××-
グリオキサール-
グリオキザール-
グリコール油
グリセリン×-
グリセリントリアセテート××××××-
グリセロール×-
グルコース-
クレオソート油×××-
クレゾール××××××××-×
クロム酸××××××-
クロロアセトン×××××××-
クロロ蟻酸エチル××××××-
クロロ蟻酸メチル××××××××-×
クロロ酢酸×××××××××-×
クロロスルホン酸×××××××-
クロロ炭酸エチル××××××-
クロロ炭酸メチル××××××××-×
クロロドデカン×××××××-
クロロトルエン×××××××××-×
クロロナフタレン×××××××-
クロロピクリン×××××××××-×
クロロブロモメタン×××××××-
クロロベンゼン×××××××××-×
クロロホルム××××××××-
クロロメチルベンゼン×××××××××-×
クロロ硫酸×××××××-
珪酸エチル×××××-
珪酸ソーダ
珪酸ナトリウム
軽油×××
ケチャップ-
ケロシン×××-
現像液-
コールタール××-
コーン油-
五フッ化ヨウ素××××××-
◎:使用可 〇:多少の影響有り △:あまり推奨しない ×:使用不可